educational expenses

Life

『教育費』vol.7

社会貢献の一環として条件のよい奨学金制度もあったりします、各奨学金制度によって申込期間や締切もマチマチですので気を付けてくださいね。 例えばもっとも利用者の多いJASSOの奨学金制度を掘り下げてみてみましょう。「給付型(返済不要)」...
Life

『教育費』vol.6

奨学金について こちらもまた、学生の間、生活費に大きく負担をかける事なく教育費を支払える制度の一つです。奨学金には大きく分けて「給付型」と「貸与型」があります。・「給付型」返済不要・「貸与型」返済要「日本学生支援機構」いわゆるJAS...
Life

『教育費』vol.5

学資保険は沢山あり迷われることと思います。どの学資保険に入るにせよ、あまりオプションをつけすぎると本来の「教育資金対策」である金額が支払い総額よりも下回ってしまうというケースもあるので、返戻率からは意識を外さないよう契約時には留意しましょ...
Life

『教育費』vol.4

もっともポピューラーなもののひとつとして学資保険があります。保険料という形で教育資金を貯蓄できるので、「ついつい目先のものにお金を使ってしまいがち」という方に向いています。・子供の成長に合わせ満期を選択できる(高校受験に備えたい、大学受験...
Life

『教育費』vol.3

それでは大学迄に必要な貯蓄額はどれほどのものか?勿論、多いに越したことはありませんが・入学費用・初年度の授業料これも国公立と私立大学で差は出ますが全額と言わずとも概ねカバーできる金額として200万円が一つのラインとなります。(国公立大学の...
Life

『教育費』vol.2

教育費は学校が「公立」か「私立」かで大きく差がでてきます。大学まで国公立でいったとしてもざっと1,000万、私立であればどの段階からかにもよりますが3倍程度見込んでおいた方がよいでしょう。一番お金がかかる大学へ向けての対策としては「奨学金...
Life

【実践220】“【日常英会話】〇〇を意識すると英語がスラスラ喋れる!【1回10分の英会話ランダムリピート練習】第45弾”の感想

今回は「間の取り方」を特に意識してリピートしてみました、またもう一つ初めて意識してみたのが文字を追わないです。むしろ目を瞑って、画面は見ず聞こえたままを聞こえたスピードで。 興味のある方はこちら→
Life

3つ目、『教育費』vol.1

一口に「教育費」といっても・学校に支払う授業料その他にも・教材費・文具費・給食費・特別活動費・通学費・塾費用・習い事など色々あります。(つづく)
タイトルとURLをコピーしました